バイオテック(育毛サロン)の料金と効果と他社比較

薄毛・抜け毛に悩む方のための育毛サロンガイド  » 発毛・育毛・増毛の方法 » 医療機関でのAGA治療

医療機関でのAGA治療

病院で発毛治療。でも実は…

AGAとは、Androgenetic(雄性の) Alopecia(脱毛)の略で、日本語で言うと男性型脱毛症。デリカシーなく言えば若ハゲのことだ。生え際がM字になってきたり、頭頂部がカッパになってきたりする。

少々難しい話になるが、抜け毛が起こるメカニズムは、男性ホルモンのテストステロンが、酵素の働きによってジヒドロテストステロンというホルモンに変わり、それによって、毛母細胞の活性が低下するから。

そこで、現在注目されているのがプロペシアだ。これを服用すると、その酵素の働きを抑制し、脱毛を引き起こすジヒドロテストステロンを生じにくくさせるらしい。

最近「飲む育毛剤」として、テレビ・雑誌・ネットでもけっこう評判になっているが、医薬品なので、医師の処方によってしか飲むことができない。今や病院で毛の治療もできるということだ。ところが、プロペシアは「飲む育毛剤」と言われるわりには、効果は「脱毛を抑える」程度。厳密には、発毛・育毛とは言いがたいような気もしている。

また、残念なことに保険がきかないため、1錠で300円程度かかる。1日1錠なので1ヶ月でおよそ9000円+診察代が加わることになる。しかも、効果が出るまでには半年以上かかり、服用するのを止めるとAGAは進行してしまうため、結果、飲み続けなければならないと、条件が厳しい。

さらに、副作用として、胃の不快感や性欲減退などの症状が出ることがあるほか、女性には効果がないどころか妊娠中の女性の場合は胎児に影響を及ぼす可能性もあるという。飲まずに触れるだけでも体内に吸収される恐れがあるので、接触もしないほうがいいようだ。

 
バイオテックの料金と評判