バイオテック(育毛サロン)の料金と効果と他社比較

薄毛・抜け毛に悩む方のための育毛サロンガイド  » 発毛・育毛・増毛の方法 » カツラ・増毛・植毛

カツラ・増毛・植毛

カツラや増毛のお世話になる前に

カツラは言うまでもなく、人工の髪を被るもの。一昔前に比べれば技術も進歩し、ズルッとズレたり落ちたりはしないようになっているものの、やはり自毛ではない分、不自然さは否めない。結局、精神的なコンプレックスは解消できないのではないか。

増毛は自分の毛に人工の毛を結びつけたりして増えたように見せる技術。努力はいらないし量の融通もきくが、手入れがけっこう大変だとか。それにこちらも、結局はニセモノの毛。カツラ同様、ごまかしている感が拭いきれないような気が…。

そして、最大のデメリットは、両者ともにかなりの費用がかかることにあるだろう。カツラの場合、会社にもよるが、オーダーメイドで作ると30~50万はする。しかも、継続的なメンテナンスや買い替えが必要なので、若いうちから使うとなると、料金もバカにならない。歳を取り、ツルツルになってから利用する方が賢いのではないだろうか。

増毛も増やす本数によっては数十万かかる上、髪が伸びたら結んでいる人工の毛を結び直さないといけないらしい。年間にしたら100万を超えることもあるという。
カツラや増毛は最後の手段として、まずは育毛を試してみる方が建設的というものだ。

植毛の危険性

植毛は自毛を植毛する方法と、人工の毛を植毛する方法がある。頭皮に植えつけるわけだから、手術をすることになり、頭に傷が残る危険性がある。

自毛植毛の場合、生え揃うまでに少なくとも半年程度の期間がかかる。植毛した毛は元気でも、将来、すでにあった毛が抜けてしまったら、不自然な生え方になってしまう。一度の手術では十分な密度で植毛できないため、何度も手術を繰り返す必要があるそうだ。

人工植毛はもっとヤバい。植えたところから雑菌が入りやすくなり、感染の危険があるというのだ。体内に異物を差し込んでいるわけだから、拒絶反応が起こるのも仕方ないだろう。さらに、残念なことに、1年で約6~8割は抜けてしまうという!これでは、コストがかかりすぎる。メリットを上回るデメリットとはいえないか。

植毛は基本的に、ものすごく金がかかる。2~3000本植えたら100万円は下らない。「無料お試し」をうたうところもあるが、性急に乗っからず冷静に費用対効果を見極めるべし。

 
バイオテックの料金と評判